リモートワーク(テレワーク)に最適なパソコンは?(前編)

スマートフォンやタブレットをビジネスで使う機会は、大幅に増えてきましたが、やはり依然として、パソコンを使わなくては事務作業はなかなかはかどらないのが現状ですね。そこで今回は、リモートワークに使える中古パソコン販売サイトの紹介です。

コロナウイルス感染症によって、田舎の石川県でもリモートワークが増えています。

スマートフォンやタブレットをビジネスで使う機会は、大幅に増えてきましたが、やはり依然として、パソコンを使わなくては事務作業はなかなかはかどらないのが現状ですね。そこで今回は、リモートワークに使える中古パソコン販売サイトの紹介です。

パソコンっていろいろあるけど、どう選んだらいいの?

昔は、国産パソコンがいい!長持ちする!など、「Windows XP」ぐらいまでは、言われてきましたが、今は、パソコンも消耗品となり、同じパソコンを10年以上使うことはなくなってきました。
特にWindows10になってからは、毎年2回のアップデートにより新機能が追加されて、便利にはなっていきますが、それに伴って快適に動作するためのスペックがだんだんと上がっていっているのも事実。
パソコンを購入する場合に押さえてほしい部分は、CPUとメモリ容量(RAM)と記憶装置(の種類 HDDやSSD)です。

性能ってわかりにくいよ!例えるならば・・

国民的マンガの「ドラゴンボール」に例えるならば、
CPU=戦闘力と血統(一般人・超サイヤ人・超サイヤ人2・超サイヤ人3etc・・)
メモリ容量=体力(かめはめ波出せるレベルとか)
記憶装置=スピード
といったところでしょうか。

「ドラゴンクエスト」ならば
CPU=レベル
メモリ容量=MP
記憶装置=すばやさ
といったところです。

何を言いたいかというと、それぞれ
全てのバランスによってパソコンの性能は決まります。
なので、
めちゃくちゃ訓練して体力とスピードの強化して、元気玉を会得した、超サイヤ人になった悟空でないと魔人ブウは倒せなかったのです。どれか一つ欠けていても負けていました。
レベルが高くてMPが高い魔法使いでも、瞬時にメドローアやメラゾーマが使えなかったら、大魔王バーンには立ち向かうことが出来なかったんです。

要するに、パソコン選びでも、CPUとメモリ容量と記憶装置(の種類)のバランスが大事なんです。
とはいえ、カタカナが多くて難しいと思うので、CPUとかのランクをドラゴンボールに例えながら説明します。(マンガのドラゴンボールで記憶を止まっているので、そこまでで出てきたキャラで説明します。)
ドラゴンボールが分からない方は、ランクとオススメ用途等を参考に、見てくださいね。

まずはランクで用途を確認しよう!

これまで自作PCや中古PC、会社PC選定、顧客PC発注など10年以上経験してきた中で、製品別にランクをつけてみました。

ランク用途
S一般的な用途には不要。専門分野で使用した方がいいレベル。
様々なサーバーやHDとか4Kとかの高解像度動画編集・超高解像度ゲームを快適にプレイするならこのレベル。
A+
A
一般的な用途には不要。
HDとか4Kとかの高解像度動画編集・超高解像度ゲームを快適にプレイするならこのレベル。
B一般的な用途向き。
Word・Excelなどストレスなく利用、画像編集もたまにするぐらいならば、オススメなレベル。Webサイト閲覧や動画閲覧もストレスなく出来る。ZOOMとかWeb会議ソフトもそつなく出来る。
C一般的な用途向き
複数のソフトを同時起動して作業をするには、遅くて不向きですが、Word・Excel・Webサイト閲覧・動画閲覧にそこそこ使えます。たまに重たくなり、作業が出来なくなることがあります。(WindowsUpdateの時とか)ZOOMもやろうと思えば出来ます。
Dやめたほうがいい。
これまでDランクに該当する製品を使ってきましたが、仕事になりませんでした。
あたらしい製品が出ると、このランクも少しは変わってくるとは思いますが、大体はこんな感じです。

CPUを選ぶ。

ランクIntel系AMD系オススメ用途例えるなら
SXeonRyzen ThreadRipperサーバーやゲーミングPCなど特定用途向け悟空超サイヤ人3+界王拳30倍
A+Core i9Ryzen9ゲーミングPCや高画質動画編集向け悟空超サイヤ人3
ACore i7Ryzen7ゲーミングPCや動画編集向け悟空超サイヤ人2
B+Core i5Ryzen5一般事務や画像編集等向け悟空超サイヤ人
(界王拳50倍相当?)
BCore i3Ryzen3一般事務やWebサイト閲覧向け悟空界王拳20倍
C+PentiumAPU A8~A10一般事務やWebサイト閲覧向け幼少期悟空
CCeleron
(Core m3)
APU A6以下Webサイト閲覧向けクリリン
DAtomEシリーズ動画閲覧向けヤムチャ
※あくまでも個人的な感想です。

メモリ(RAM)を選ぶ。

ランクメモリ容量用途例えるなら
S32GBより上高解像度ゲームや高解像度動画編集向け魔人ブウ倒した時の悟空
A16GBより上~32GB高解像度ゲームや動画編集向けセル倒した時の悟飯
B+8GB~16GB一般事務や高解像度画像編集向けフリーザ倒した時の悟空
B4GB~8GBより下一般事務やWebサイト閲覧向けレッドリボン軍解体したときの悟空
C3GB~4GBより下単一作業向け
(複数のソフトを同時起動しないひと向け)
ヤムチャ
D3GBより下起動すればいいレベル
(ソフト起動まで分単位でかかります。)
農夫(一般人)
※あくまでも個人的な感想です。
本当はDDR4とかDDR3規格と転送速度等ありますが、体感どれもおんなじに感じますね。

記憶装置(の種類)を選ぶ。

ランク記憶装置(の種類)
※規格とも
オススメ用途例えるならば
SM.2 SSD(NVMe)ゲーミングPCや高解像度動画編集向け悟空超サイヤ人2並の速さ(超サイヤ人3は遅いんですよね~)
AM.2 SSD(SATA)CADや画像・動画編集、一般事務や画像編集向けフージョンした超サイヤ人ゴテンクス並の速さ
B+SSD(mSATAも)CADや画像編集、一般事務や画像編集向けフージョンした超サイヤ人ゴテンクス並の速さ
BeMMC
※はんだ付けされているので交換不可
一般事務やWebサイト閲覧向け悟空超サイヤ人並の速さ
CHDDWebサイト閲覧向けヤムチャぐらいの速さ
※あくまでも個人的な感想です。
あとは、容量をどれくらいにするか、それも大事ですが、あえて省いています。

ランクから用途にあった買い物をしよう!

我慢して遅いパソコンを買うのも、ストレスが溜まるし、時間の無駄
自分には見合わない高性能パソコンを買うのも、お金の無駄になります。
ぜひ、用途に合わせたパソコンを選んで買ってくださいね。
次回の更新では、高性能なのに安く買える「中古パソコン」について書いていきたいと思います。


Total
1
Shares
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Related Posts
Total
1
Share