パソコンがフリーズを繰り返す。そんなときの対処法は?

0
1395

 Windowsパソコンを使っていると、ふとした瞬間にマウスカーソルが動かなくなり、しばらく放っておくと動くようになるといった現象が起こったことはありませんか?今回はそんなときの解決方法をお伝えします。

Windowsならば「イベントビューアー」が原因を導いてくれるかも

 「イベントビューアー」はWindowsが動いているときにエラーが発生したり、重大な問題が発生したときに、何が問題だったのかある程度の情報を記録してくれる便利な機能です。記録されるのは、アプリケーションの起動に失敗した場合や強制終了が起こった場合、システム自体のエラーやハードウェアの異常なども含まれます。重要度は「重大」「警告」「詳細」「エラー」「情報」の5段階で表示されます。「重大」や「警告」が出ている項目については、何かしらの対応が必要な状態といえます。

イベントID 508が出ていた場合

 ここからが本題です。フリーズをした時間あたりのイベントビューアーに508と出ていた場合ですが、フリーズしたときに動作していたソフトウェア名とともに下記のように記されていることが多いです。

TASKHOSTW (7320,D,0) WEBCACHELOCAL: ファイル “C:\USERS\XXXX\APPDATA\LOCAL\MICROSOFT\WINDOWS\WEBCACHE\V01.LOG” のオフセット 380928 (0X000000000005D000) への 4096 (0X00001000) バイトの書き込み要求は 36 秒間成功しませんでした。この問題はハードウェアの障害が原因であると思われます。問題をより詳しく診断するには、ハードウェアの製造元に連絡してください。

私の場合、このエラーの原因はHDDと接続している”SATAケーブル”が少し抜けかけていたことでした。
それによる接触不良がエラーの原因となっていたみたいです。

イベントビューアーを活用して、パソコンの不具合を解消しよう

 イベントビューアーの内容によっては、パーツの交換が必要になったり、寿命が近いことを知らせるものもあります。
なにか調子が悪いな・・と思ったらイベントビューアーを覗いてみてはいかがでしょうか。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

CAPTCHA